Z1305「教科教育法地理歴史」第2設題・評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,189
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1305「教科教育法地理歴史」第2設題のレポートです。評価は「A」」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    世界史Bの内容(4)の「オ 帝国主義と世界の変容」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.92にある「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業と関連させて説明しなさい。
    歴史の授業とは暗記に比重を置いたもの理解されているが、実際は違う。
    歴史を学ぶ意味は、過去の歴史事象と向き合い、そこから普遍的な価値あるものを見いだし、未来を築く知恵を獲得することにある。過去の歴史に「問いかけ」、「なぜ」「どうして」という疑問を自らもち、それを現在・未来に働きかける力を身に付けることである。争いのない平和な世界を築くことや、人権を尊重し人間らしい生活を営む社会を築くことは、21世紀に生きる私たちの課題となっている。歴史を学ぶ意味は、こうした課題と向き合うことにつながる。
    つまり、歴史とは単なる暗記するだけの教科ではなく、生徒自身が自ら考え、主体的に学ぶものでためのものであるのだ。一方的な教師の教え込みでは、学びの主体である子どもの意欲は高まらないし、歴史を過去に押し込め、現在・未来と断絶することになる。人間の歴史事象に問いかけ、意欲的に学んでいくことができる..

    コメント1件

    通信さん 購入
    これの科目最終試験問題はありますでしょうか?
    2010/10/18 15:07 (6年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。