Z1305「教科教育法地理歴史」第1設題・評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,651
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1305「教科教育法地理歴史」第1設題のレポートです。評価は「A」」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理Bの内容(3)の「ク 民族、領土問題の地域性」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.50にある「北方領土は誰のもの?」の授業と関連させて説明しなさい。
     社会科の教育目標は、社会認識を通じた市民性の育成にあるが、当然地理教育も同様の目標を持っている。ここで取り上げる地理Bの「ク 民族,領土問題の地域性」とは、「人種・民族と国家との関係,国境,領土問題の現状や動向を世界的視野から地域性を踏まえて追究し,それらの問題の現れ方には地域による特殊性や地域を超えた類似性がみられることをとらえさせ,その解決には地域性を踏まえた国際協力が効果的であることなどについて考察させる。」ものであり、これからのグローバル化社会の中で理解しなければならない、非常に重要な授業内容である。
     そこで、泉貴久による生徒たちの市民性の育成を目指した、「北方領土は誰のもの?」の授業実践を通して、この地理授業のあり方を、3つの社会科教育の潮流と絡めて説明していきたい。
    この授業実践は、大前提として市民性の育成を目指しており、「現代的諸課題をテーマにした主題学習」「主体的な学びのプロセ..

    コメント2件

    通信さん 購入
    これの科目最終試験問題はありますでしょうか?
    2010/10/18 15:05 (6年1ヶ月前)

    sun2010 購入
    細かいかもしれませんが、「歴史的過去」という言葉はないように思います。

    論の展開として分かりにくい点もありましたが、このレポートの書き方に困っていたため、書き方の参考としてはとてもありがたかったです。しかし、値段設定は他の方のレポートと内容的に比べても高すぎると思います。
    2011/07/08 11:06 (5年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。