Z1110「教育相談の研究」評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数265
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1110「教育相談の研究」のレポートです。評価は「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     学校カウンセリングとは、学校内で行われるカウンセリングを指し、子どもたちの様々な悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、問題の解決を図ることを意味する。カウンセリングを行うのは、一般的には教師(教師カウンセリング)もしくは専門の知識を備えたスクールカウンセラー(スクールカウンセリング)である。カウンセリングを行う場所は基本的に相談室であり、現在実に多くの学校で整備されつつある。しかし、それがどのように活用されるかは明確ではなく、相談というよりは、問題行動を起こした生徒の指導や説教の部屋として使われている場合も少なくないのが現状だ。
     今日の教育現場では、ただ単に勉強を教えるだけで済むわけにはいかないのが現実であり、教師自身が生徒との関係をしっかりと構築し、理解を深めていかなければ、そもそも授業そのものが成り立たない。ここ最近、学校生活での基本的な生活習慣、態度が全くできていないことが指摘されている。つまり、家庭での基本的な生活習慣のしつけ、さらには家庭の教育力が著しく低下している。このことは、家庭機能の脆弱化と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。