Z1108「教育方法学1」第1設題 評価「B」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数320
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1108「教育方法学1」第1設題のレポートです。評価は「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ」
     私が受けてきた教育というものは、まさしく知識伝達を重視した授業であった。何のために学ぶのか、その意味さえ分からず、目の前に次から次へと出てくる英単語や歴史の年号と格闘し、テストでいい点を取るために無理やり覚えていった。
     現代の社会は「情報社会」、「生涯学習社会」と言われ、インターネットやテレビなどの情報通信技術を通じて、誰でも簡単に世界中のリアルな情報にアクセスし、取得することができる。そういった複雑な社会の中では、画一された子どもたちを作り出す教育、すなわち、国が全国一律の基準を定めて、どの地域の学校でも、同じような内容と、同じようなレベルの教育を実施させてきた従来の知識伝達を重視した教育の仕組みだけでは、もはや対応できない。自らが主体となって学んでいくことこそが重要であり、今まさに教育の現場で求められている。。教育は、学校教育や生涯学習を含めて、単に「受けさせられるもの」ではなくなり、人々がニー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。