Z1107「特別活動研究」評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数347
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1107「特別活動研究」のレポートです。評価は「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学校(高校)における学級活動の留意事項についてまとめてください。
     特別活動とは、「望ましい集団活動を通じて」、「なすことによって学ぶ」という二つの特質によって、「自主的、実践的な態度を育てる」という中心的、中核的な目標を達成するために活動が展開されていく。
     まず「望ましい集団活動を通じて」というのは、自己理解、他者理解、人間関係などを図っていくことの大切さについて具体的に示しており、「心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り」という個の側面と「集団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする」という集団の側面と関連して常に考えていかなければならない。
     また「なすことによって学ぶ」という指導原理、方法原理については、「望ましい集団活動や体験的活動を通して豊かな学校生活を築くとともに、公共の精神を養い、社会性の育成を図る。」とされ、知識や技能を活用して思考力・判断力・表現力等を養っていくことの重要性が示された。
     すなわち、今回の新学習指導要領において、「人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う。」という目標と合わせ、小・中・高と一貫した自己指導能力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。