Z1105「学校教育課程論」評価「B」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数143
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部Z1105「学校教育課程論」のレポートです。評価は「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何か
     教育課程とは学校教育でのカリキュラムを指しており、その時期その時代の教育をめぐる諸状況によって学習指導要領は変遷し、それに伴い教育課程の中身も変化していった。その変化の中身は、子供を中心として「経験主義」を教育の本流におくべきとする考え方と、「読み・書き・算」を中心とする「系統主義」をその本質と見る考え方との綱引きであり、それは幾度となく教育改革の中で行われてきた。
     
    戦後、民主主義を日本に定着させる必要性を自覚した文部省は、戦前からの教育課程の改革に自ら着手し、教科書から戦意高揚に関する記述をなくし画一的な教育から生徒の自発性を重視した教育への転換を図った。
     第2章第1節にもあるように、その後教育基本法及び学校教育法の公布と平行して、昭和22年(1947)年3月に「学習指導要領 一般編(試案)」が制定された。「試案」としているのは理由があり、「この書は、学習の指導について述べるのが目的であるが、これまでの教師用書のように、一つの動かすことのできない道をきめて、それを示そうとするような目的で作られたものではない。新しく児童の要求と社会の要求とに応じて生まれた教科..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。