Z1104「教育社会学1」評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数192
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1104「教育社会学1」のレポートです。評価は「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何か
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味しており、日本では古くから様々な批判がされてきた。具体的には、就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。また入学試験や、学校の管理・教育のあり方や学校外の教育産業に対する批判などが挙げられる。しかし、客観的に日本の学歴社会を考察すると、日本社会が歩んできた中で生まれてきたある種の必然性も垣間見える。
     第2章第4節にもあるように、明治までの日本は士農工商のような封建制度の下、身分社会の色合いが非常に濃く、父親の身分がその子供の身分と進路を決定した。その後明治時代を迎えると、維新政府が必要としたのは各分野での優れた人材であり、その質的・量的に安定供給してくれる教育システムが必要なのであった。なぜなら、明治初期の「富国強兵」に代表される欧米へのキャッチ・アップを意図した国家目標の達成のためには、幅広い分野で相当数のリーダーが必要であり、今までの身分に依存したシステムでは適さないからであった。それを解消するのが学校という..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。