Z1102「教育原論1」評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数260
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1102「教育原論1」のレポートです。評価は「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ
     アメリカの教育学者ロバート・R・ハヴィガーストがその著「人間の発達課題と教育」でこう述べている。「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題を立派に成就すれば人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる」。
    生活することは学ぶことであり、成長することも学ぶことである。人間はその生涯の中で、歩いたり、話したり、仕事をしたりと様々なことを学ぶ。これらはすべて学習の課題である。人間の発達を理解するために、学習を理解しなければならない。人間は一生涯学習をつづけていかなければならないのである。
     ハヴィガーストは発達課題を「幼児期」・「児童期」・「青年期」・「壮年期」・「中年期」・「老年期」に分けて考えている。
    <幼児期 0~5歳>
    1.歩くことを学ぶ 2.固形食を食べることを学ぶ 3.話すことを学ぶ 4.排泄機能のコントロールを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。