Z1101「学校教育職入門」評価「A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数270
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のZ1101「学校教育職入門」のレポートです。評価は「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教師に求められる資質とは何か」
    現代の変化の激しい教育現場において、今一番教師に求められているのは、子どもたちの「生きる力」を育むことではないだろうか。
    第1章の第2節「教職の成立と求められる教員の資質と変遷」にもあるように、1997年7月28日に教育職員育成審議会が発表した「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」で、教師に求められている資質能力を大きく二つに分けて述べている。
    まず挙げられているのが、「いつの時代にも求められる資質能力」であり、昭和62年答申にもあったように「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能等の総体」といった意味内容を有するものであり、それは「『資質』とは区別された後天的に形成可能なもの」であると理解されている。
    教員の活動とは、人間の心身の発達に密接に関わっており、今後の人格形成において大きな影響を及ぼすものである。教員という専門職としての職責に鑑み、教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門知識、広く豊かな教養、そしてこれらを基盤とした実践的指導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。