R0719「人権(同和)教育」評価「B」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数280
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育部のR0719「人権(同和)教育」のレポートです。評価は「B」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
     「『同和教育』は、同和問題を解決するための教育の営みの総称である。」と言われているが、その一方で、我々が今まさに学んでいる「教育の原点」として捉えることができる。日本国憲法の第二十六条にもあるように、「すべての国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。すべての国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。」と教育権と義務教育が条文化されている。
     また、「教育基本法」の第一条と第三条においても、「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。」「すべての国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであつて、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によつて、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。