S0532生徒指導・進路指導の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数219
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年、佛教大学の通信課程、小学校向けの「生徒指導・進路指導の研究」のレポートで、評価は「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。
     教育相談とは、テキストP.38にもあるとおり、一人ひとりの児童の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することである。言いかえれば,個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって,その生活によく適応させ,人格の成長への援助をはかろうとするものである。教育相談は、ただ問題を抱えた児童の身を対象とするのではなく、すべての児童を対象として行われなければならない。そうすることで、児童は成長の過程にある様々な問題を克服し、成長していくのである。
     近年、滋賀県の大津事件にもあったように、いじめ問題がしばしば大きな社会問題となっている。しかし、多くのいじめ問題は、そのほとんどが学校現場で起こっているにも関わらず、見過ごされてきてしまったのが実情である。具体的な対処方法も見いだせぬまま、われわれ教師は日々苦慮してきた。しかし、学校における日々の生活の中で、児童の身近にいるのがわれわれ教師であり、こうした生徒指導上の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。