教育相談の研究 S0534 第一説題 -A判定レポート-

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数223
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセンリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     学校現場における日々の教育活動の中で、教師・生徒間での相談活動は今までも行われてきたものである。しかし近年、社会が複雑になるにつれ不登校、非行、いじめによる自殺などの問題行動は増加・深刻化し、より心のケアを必要とする生徒が増えていることは否定できない事実である。また教員の立場から見たときには、個性溢れる子供たちと十分な信頼関係を築くことは容易ではなく、その中でも特に「キレる」子供のように感情のコントロールをできない場合や、自分の気持ちを上手に表現することができない生徒を理解することなどは非常に難しいことが現状である。それゆえに、生徒指導においてのみならず、教科指導、進路指導、さらには日々の学級運営においても、生徒の個性を尊重しながら教育を行っていく上で、より深い生徒への理解や専門的な関わりが必要とされている。つまり「学校カウンセリング」と呼ばれる技術が今日の学校現場では求められているのである。
    学校カウンセリングとは、比較的よく使われる言葉ではあるが、一般的に考えれば「学校で行われるカウンセリング」と理解することが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。