東京福祉大学 ソーシャルワークⅠ レポート2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数872
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ソーシャルワークの理念について述べよ」
     (1)ソーシャルワークの実践と価値
     ソーシャルワーク専門職の価値について、国際ソーシャルワーカー連盟のソーシャルワークの定義に示されている。この定義にある人権と社会正義について謳われている。
     まず人権についてである。人権とは、人間が人間として生まれながらに持っている権利である。そしてソーシャルワーカーは、どのような状況にある人も、全ての人が生まれながらに持っている権利を尊重されるように支援し、活動していかなくてはならない。
     次に社会正義である。ソーシャルワーカーは、社会の正義を実現する為に社会の構成員が平等に扱われるよう、あるいは、不平等な扱いを受けている人々をその状態から解放する為に実践する。つまり、否定的な差別への挑戦や多様性を認識する事を意味する。そして私達は、社会福祉を支える事が出来る社会の在り方を追求する事が必要であり、社会福祉の実践に携わる人は幅広い視野と社会観を持っている事が大切である。
    価値について述べてきたが、これを行動規範に具体化したものが倫理である。何故、ソーシャルワーカーに倫理が必要とされるのか。それはクライエ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。