教育方法学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    主体的な授業と知識伝達の授業の比較

    現在学校で行なわれている授業では、従来の授業と子どもが主体的に学ぶ授業があります。一方では知識を学ぶことが学習の目標となっています。算数、社会、理科などの知識を習得するための授業がされます。それに対して、主体性を重んじる授業では、学習者の生きる行動力を高めることが目標となっています。学習者は何を学ぶことが大切でそのためにはどうすればいいのか自身で決めていくことが必要です。双方かなり違う学びの場になりますが、具体的にはどのように異なるでしょうか。

    <授業の設計>
    課題設定、学習目標について
    学習目標について、従来の授業では教師が課題や学習内容を決めていました。しかし学習者の主体的な学習では学習者が課題を発見して自ら目標を定めていきます。学習者の主体性を重要視しています。
    このことから教師の役割もかなり違ったものとなっています。前者は教師が知識を学習者に提示して教えていくというものです。教師は学習者に知識を教えるという役割をもっています。しかし、後者は学習者が主体的に学習するため、教師は単に知識を教えることはありません。生徒が学習をすすめる様子を見たり、助けが必要なときにはそれをサポートしたりすることになります。

    期待される成果について
    従来の授業では、算数や歴史、理科など、これまで受け継がれてきた知識を習得することが目標です。このような知識を習得して基本的な知識を身につけて後に職業の知識を身につける土台を作ることになります。
    それに対して主体的な学習では、自ら課題を発見して

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    主体的な授業と知識伝達の授業の比較
    現在学校で行なわれている授業では、従来の授業と子どもが主体的に学ぶ授業があります。一方では知識を学ぶことが学習の目標となっています。算数、社会、理科などの知識を習得するための授業がされます。それに対して、主体性を重んじる授業では、学習者の生きる行動力を高めることが目標となっています。学習者は何を学ぶことが大切でそのためにはどうすればいいのか自身で決めていくことが必要です。双方かなり違う学びの場になりますが、具体的にはどのように異なるでしょうか。
    <授業の設計>
    課題設定、学習目標について
    学習目標について、従来の授業では教師が課題や学習内容を決めていました。しかし学習者の主体的な学習では学習者が課題を発見して自ら目標を定めていきます。学習者の主体性を重要視しています。
    このことから教師の役割もかなり違ったものとなっています。前者は教師が知識を学習者に提示して教えていくというものです。教師は学習者に知識を教えるという役割をもっています。しかし、後者は学習者が主体的に学習するため、教師は単に知識を教えることはありません。生徒が学習をすすめる様子を見たり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。