教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数468
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校カウンセリングの意義、
    方法および今後の課題について述べなさい

     学校カウンセリングについて
    学校カウンセリングは、学校の中で行なわれたり、学校の関係者によって行なわれたりするカウンセリングである。
    また、すべての生徒を対象としており、人間としての情緒面での成熟や社会性の発達など、成長途上にある学習者に対する援助を提供するという意味合いがあると考えられる。つまり、心身の病気を治すという精神治療に重点があるのではなく、全人的発達を援助し支援して促進していくという立場が学校カウンセリングにあてはまるものである。
     学校でのカウンセリングが、相談所や専門機関で行なわれるカウンセリングとどのような点で異なるかというと、それは、面接関係への導入が大きな違いである。生徒を呼び出したり、その場その場でのチャンス面接をしたりというような、臨機的な状況での面接が多いと考えられる。 待っていて、子どもが相談に来る、というような姿勢もとるが、比較的に積極的に子どもにかかわっていったり、呼び出したりすることによって、カウンセラー側から積極的にかかわっていくことが特徴である。
     どの子どもがどんな課題を持っていて、どのような面接を必要としているのか、カウンセラーのほうで情報を収集して、個人・グループ・クラスという様々な形態をとりつつ、呼び出して話し合っていく。

     現在、臨床心理士の資格をもった心理療法の専門家が学校で学校カウンセリングを実践的に行なっている。これは、ここ何年かの動きで、教員以外の専門家が学校に入り、学校教育における課題克服を目指している。しか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、
    方法および今後の課題について述べなさい
     学校カウンセリングについて
    学校カウンセリングは、学校の中で行なわれたり、学校の関係者によって行なわれたりするカウンセリングである。
    また、すべての生徒を対象としており、人間としての情緒面での成熟や社会性の発達など、成長途上にある学習者に対する援助を提供するという意味合いがあると考えられる。つまり、心身の病気を治すという精神治療に重点があるのではなく、全人的発達を援助し支援して促進していくという立場が学校カウンセリングにあてはまるものである。
     学校でのカウンセリングが、相談所や専門機関で行なわれるカウンセリングとどのような点で異なるかというと、それは、面接関係への導入が大きな違いである。生徒を呼び出したり、その場その場でのチャンス面接をしたりというような、臨機的な状況での面接が多いと考えられる。 待っていて、子どもが相談に来る、というような姿勢もとるが、比較的に積極的に子どもにかかわっていったり、呼び出したりすることによって、カウンセラー側から積極的にかかわっていくことが特徴である。
     どの子どもがどんな課題を持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。