教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数183
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴社会化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ

     学歴社会について
     学歴社会という言葉は、学歴の高い人が多い社会をさす言葉ではない。高学歴の人が多いか少ないかは別として、学歴が高いことが就職などで有利に働く社会のことを学歴社会という。また、社会的地位を決める要素として学歴が高いことが一つあげられる社会のことを学歴社会という。
     学歴社会は近年になって表れたものである。これまでは、封建社会の下で親の仕事をそのまま受け継いでいた。自分の生まれの下の身分相応の地位をもち、学力や能力によってそれが決まることが無かった。しかし、明治時代が始まると、欧米に対抗するべく能力の高い人材を必要とするようになった。そこで、能力の高い人を効率よく集めることが求められるようになった。効率よく高い能力を持つ人を集めるには基準が必要である。その基準となったのが学力である。それから学力が高い人は能力が高いとされて社会的な地位も高く評価されるようになった。しかし、本来は学力が高いことは能力が高いことに必ずつながるかどうかは疑問である。
    学歴が低くてもその世界の第一線で活動している人もいる。そのことからも学歴が高いことがそのまま能力が高いことを意味することはないといえる。
     しかし、能力が高いかということは、実際にその場で動いてみないと分からないことでもある。必要な能力は単に計算が速いことか、ものを覚えることが早いことかということもある。また、本人の性格的なことで、粘り強さや几帳面さということも一つの必要な能力と考えられる。しかし効率よく求める人を集めるためには、どう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴社会化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ
     学歴社会について
     学歴社会という言葉は、学歴の高い人が多い社会をさす言葉ではない。高学歴の人が多いか少ないかは別として、学歴が高いことが就職などで有利に働く社会のことを学歴社会という。また、社会的地位を決める要素として学歴が高いことが一つあげられる社会のことを学歴社会という。
     学歴社会は近年になって表れたものである。これまでは、封建社会の下で親の仕事をそのまま受け継いでいた。自分の生まれの下の身分相応の地位をもち、学力や能力によってそれが決まることが無かった。しかし、明治時代が始まると、欧米に対抗するべく能力の高い人材を必要とするようになった。そこで、能力の高い人を効率よく集めることが求められるようになった。効率よく高い能力を持つ人を集めるには基準が必要である。その基準となったのが学力である。それから学力が高い人は能力が高いとされて社会的な地位も高く評価されるようになった。しかし、本来は学力が高いことは能力が高いことに必ずつながるかどうかは疑問である。
    学歴が低くてもそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。