教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数346
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ

     ハヴィガースト(R.J.Havighurst)は、アメリカの教育学者であり、その著「人間の発達課題と教育」の中で論じた発達課題で有名である。
     発達課題は、個人が本来いろいろな課題を持っており、その課題を達成するために、成長・発達していると考えているものである。また、その成長・発達は幼児、児童期の子どもの時期だけでなく、人間の一生においてされるものであり連続的にとらえられている。ハヴィガーストは人のライフサイクルを次の6つの時期に分けて、それぞれの時期における課題をあげている。それは乳児期、児童期、青年期、成年初期期、成年中期、熟年後期である。
    また、これらの課題は個人の生涯にめぐりいろいろな時期に生ずるもので、その課題を立派に成就すれば幸福になることができ、その後に発生した課題も達成することに成功するが、失敗すれば不幸になり社会に認められず、その後の課題達成にも影響するという。
    以下がハヴィガーストのあげた具体的な発達課題である。

    乳児期(0~5歳)
    ・歩行の学習
    ・固形の食べ物をとることを学習する
    ・話すことを学習する
    ・排泄機能のコントロールを学習する
    ・性の相違知り、性の慎みを学習する
    ・生理的安定の獲得を学習する
    ・社会や事物についての単純な概念を形成する
    ・両親、兄弟および他人と情緒的に結びつくこと
    ・ 善悪を区別することの学習と良心を発達させること

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ
     ハヴィガースト(R.J.Havighurst)は、アメリカの教育学者であり、その著「人間の発達課題と教育」の中で論じた発達課題で有名である。
     発達課題は、個人が本来いろいろな課題を持っており、その課題を達成するために、成長・発達していると考えているものである。また、その成長・発達は幼児、児童期の子どもの時期だけでなく、人間の一生においてされるものであり連続的にとらえられている。ハヴィガーストは人のライフサイクルを次の6つの時期に分けて、それぞれの時期における課題をあげている。それは乳児期、児童期、青年期、成年初期期、成年中期、熟年後期である。
    また、これらの課題は個人の生涯にめぐりいろいろな時期に生ずるもので、その課題を立派に成就すれば幸福になることができ、その後に発生した課題も達成することに成功するが、失敗すれば不幸になり社会に認められず、その後の課題達成にも影響するという。
    以下がハヴィガーストのあげた具体的な発達課題である。
    乳児期(0~5歳)
    ・歩行の学習
    ・固形の食べ物をとることを学習する
    ・話すことを学習する
    ・排泄機能のコント..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。