英米文学概論設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数423
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    18世紀においてイギリスが他国に先がけて
    小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史と
    それが生み出す社会を考察しつつ述べよ。

     18世紀までのイギリスが生み出した文学
     イギリスの文学作品の歴史はとても古くから始まり、詩、戯曲、小説などにおいて様々なジャンルで作品がかかれている。古くは「ベオウルフ」や「カンタベリ物語」がある。また ルネサンスの時代にはスペンサーの詩や、マーロウの戯曲からヘンリー8世とエリザベス1世の時代の文化を読み取ることができる。そして、 シェイクスピアの詩と戯曲は当時のイギリス演劇を発展させ、現代でも大きな影響を与えて多くの人々に読まれている。そして17世紀でも形而上派からピューリタンの詩人によって多くの詩が読まれた。そして18世紀になると、散文が多く書かれた。その後小説が誕生することになる。
    イギリスで初めて小説が生まれた背景はその歴史的、社会的な背景による影響が大きい。それはどのようなものだったのだろうか。

     イギリスが小説を生み出した理由について  
     イギリスで初めて小説が生まれた理由は大きく二つあると考えられる。まず一つ目は、イギリス社会の市民化が挙げられる。イギリスは長い間、国王を頂点とした貴族が中心の社会だった。しかしそれは国王の悪政をきっかけとした市民の動きによって徐々に変化したのである。
     1600年、イングランド国王に在位したスコットランド国王のジェイムズ一世とその子どものチャールズ一世はイギリスの習慣や制度に無関心で国民に対して無理解だった。また、王権神授説によって国王の神権を主張した。このような専制に対して、当時力を持っていた産業資本家や中流市民階級が「権利の請願」を提出した。
     「権利の請願」の中で、献金や税の強制、身

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    18世紀においてイギリスが他国に先がけて
    小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史と
    それが生み出す社会を考察しつつ述べよ。
     18世紀までのイギリスが生み出した文学
     イギリスの文学作品の歴史はとても古くから始まり、詩、戯曲、小説などにおいて様々なジャンルで作品がかかれている。古くは「ベオウルフ」や「カンタベリ物語」がある。また ルネサンスの時代にはスペンサーの詩や、マーロウの戯曲からヘンリー8世とエリザベス1世の時代の文化を読み取ることができる。そして、 シェイクスピアの詩と戯曲は当時のイギリス演劇を発展させ、現代でも大きな影響を与えて多くの人々に読まれている。そして17世紀でも形而上派からピューリタンの詩人によって多くの詩が読まれた。そして18世紀になると、散文が多く書かれた。その後小説が誕生することになる。
    イギリスで初めて小説が生まれた背景はその歴史的、社会的な背景による影響が大きい。それはどのようなものだったのだろうか。
     イギリスが小説を生み出した理由について  
     イギリスで初めて小説が生まれた理由は大きく二つあると考えられる。まず一つ目は、イギリス社会の市民化が挙げ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。