英語学概論 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数341
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の標準的英語と標準的米語の相違を
                   具体例を挙げて論ぜよ。

     米語とはアメリカで使われている英語のことである。アメリカ大陸に欧州からの植民が移住して、アメリカの文化が育まれるようになったころ、アメリカ大陸ではイギリス英語を基本とした言語が発達していった。英語と米語はもともとは同じ言語だったが、アメリカ植民の中に50以上の人種があり、そのなかで徐々にもとの形が変化していったと考えられる。日本の中でも各地域ごとで少しの違いがある方言のように、地域の異なりによって発音やものを表す言葉が少しずつ変化していったのだろう。
     本レポートでは特に綴り字と実用名詞の違いをを取り上げて、米語とイギリス英語の違いに規則性があるかどうか、またなぜそのような違いがでてきたと考えられるか考察していく。

     綴り字
     イギリス英語とアメリカ英語では、綴り字が少し異なっているものがある。具体的にどのように異なっているのか、またどのような規則性でことなっているのか比較していく。

    語尾のourがorになる
    《イギリス英語》   《アメリカ英語》
        behaviour            behavior
         colour                color
        neighbour             neighbor

    語尾reがerになる
    《イギリス英語》   《アメリカ英語》

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の標準的英語と標準的米語の相違を
                   具体例を挙げて論ぜよ。
     米語とはアメリカで使われている英語のことである。アメリカ大陸に欧州からの植民が移住して、アメリカの文化が育まれるようになったころ、アメリカ大陸ではイギリス英語を基本とした言語が発達していった。英語と米語はもともとは同じ言語だったが、アメリカ植民の中に50以上の人種があり、そのなかで徐々にもとの形が変化していったと考えられる。日本の中でも各地域ごとで少しの違いがある方言のように、地域の異なりによって発音やものを表す言葉が少しずつ変化していったのだろう。
     本レポートでは特に綴り字と実用名詞の違いをを取り上げて、米語とイギリス英語の違いに規則性があるかどうか、またなぜそのような違いがでてきたと考えられるか考察していく。
     綴り字
     イギリス英語とアメリカ英語では、綴り字が少し異なっているものがある。具体的にどのように異なっているのか、またどのような規則性でことなっているのか比較していく。
    語尾のourがorになる
    《イギリス英語》   《アメリカ英語》
    behaviour behavior
    col..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。