英語学概論 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数378
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英語と日本語の文法構造または
    語彙構造を比較対照し、両者の違いを論ぜよ

     英語と日本語は大きく異なり、その違いは、文法、音声、語彙など多岐にわたっている。一般的に日本人は英語が苦手だと言われる原因は、文法や音声が大きく違うところによるという。二つの言語の間にはどのような違いがあるのか、特に文法構造の語順や副詞、語彙構造に注目して考察する。 

     文法構造の違い (語順)
    英語と日本語の文法の違いの中でよく取り上げられるのは、語順である。英語を学習していると気がつくことだが、英語は日本語とはまるで正反対の語順をもっている。例えば、Sを主語、Oを目的語、Rを関係節、Vを動詞、vを助動詞、pを助詞とすると以下の文は次のような語順で表すことができる。
    英語 I will go to the house which stands on the hill.
       S  ―v―V―p―O―R
    日本語  私は、丘の上にある家に行くだろう。
       S  ―R―O―p―V―v

     英語、日本語とも最初には主語がおかれている。しかしその後の語順を見てみると、英語は助動詞、動詞、助詞、目的語、関係節と続いている。それに対して日本語では、関係節、目的語、助詞、動詞、助動詞と続くのである。主語以下の部分がちょうど正反対の語順となっている。
    このように英語と日本語では語順が反対になることが多い。しかし、日本語においても英語においても語順はいつも一緒の語順でなくてはならないとは限らない。場合によっては前後する単語が出てくるのだ。日本語を

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語と日本語の文法構造または
    語彙構造を比較対照し、両者の違いを論ぜよ
     英語と日本語は大きく異なり、その違いは、文法、音声、語彙など多岐にわたっている。一般的に日本人は英語が苦手だと言われる原因は、文法や音声が大きく違うところによるという。二つの言語の間にはどのような違いがあるのか、特に文法構造の語順や副詞、語彙構造に注目して考察する。 
     文法構造の違い (語順)
    英語と日本語の文法の違いの中でよく取り上げられるのは、語順である。英語を学習していると気がつくことだが、英語は日本語とはまるで正反対の語順をもっている。例えば、Sを主語、Oを目的語、Rを関係節、Vを動詞、vを助動詞、pを助詞とすると以下の文は次のような語順で表すことができる。
    英語 I will go to the house which stands on the hill.
    S  ―v―V―p―O―R
    日本語  私は、丘の上にある家に行くだろう。
    S  ―R―O―p―V―v
     英語、日本語とも最初には主語がおかれている。しかしその後の語順を見てみると、英語は助動詞、動詞、助詞、目的語、関係節と続いている。それに対して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。