比較教育学①②B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数308
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「アメリカと日本における社会と教育の
     かかわりについて、比較して述べなさい。」 
    「中国と日本における社会と教育のかか
      わりについて、比較して述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「アメリカと日本における社会と教育の
     かかわりについて、比較して述べなさい。」 
     アメリカは日本の25倍の面積を持ち、現住民であるインディアンや、エスキモ-を含め、世界の各国から移住してきた人々によって構成された多民族国家であり、存在する宗教や文化も多様性をおびている。それに対して日本は同じ民主主義ではあるものの、純血主義と身分制社会として固定された保守主義的な静的社会の名残をとどめている社会をもつ。この相反する国の教育についての社会とのかかわりを考察してみたい。
     まず、アメリカの教育は先に述べたように雑多な人間、民族の国であるために教育行政も多種多様であり、学校制度も伝統的な8・4制のほかに、6・3・3制や5・4・3制および4・4・4制など、さまざまな制度が社会の要求に応じて試みられいずれの学校もすべて単線型の学校教育をとっており、州は各地方の学区に相応の権限を委譲しているために必ずしも国内のすべての制度が同じでなく、さまざまな先導的試行の学校が登場し社会的要請の退潮とともに廃校になるということが絶えずくり返される。また、初等教育における学年制についても、多学年制学校や、無学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。