同和教育①A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数181
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史日本人権社会学校文化差別国際

    代表キーワード

    同和教育国際

    資料紹介

    「学校において、同和教育を実践していく上で留意しなければならない諸点について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「学校において、同和教育を実践していく上で留意しなければならない諸点について述べよ。」
     学校教育において、新しい学力観にもとづく力、すなわち、生涯にわたって自ら学ぶ意欲を持ち、思考力、判断力、表現力等を身につけることが求められている。それは、個々の子ども達が課題意識を持ち、生き生きと学習する主体的な学習活動を通して獲得されるものである。そして、正義感や公正さを重んずる心、自らを律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心、人権を尊重する心など豊かな人間性も重視されている。
    その中でも、同和教育はこれまでの日本の人権教育の大きなウェイトを占めるものとして
    とりあげられ、そこで「人間らしく生きる」
    というテ-マを目標として、他人との望ましい交流、共生について考え実践し、豊かな個を確立しようとする資質や能力を育成することを中心に同和教育は展開されると考えられる。そこで、まず同和問題がなぜ重大な社会問題になっているのか考えてみたい。
     同和問題というのは、日本の歴史での過程で形づくられた、社会通念によって構成された差別であり、同和地区に生まれたというただそれだけの理由で交際を拒んだり、婚約を破..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。