教育心理学①②③B④A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数206
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども発達社会心理学校家族人間学習人格

    代表キーワード

    発達育心理学

    資料紹介

    「人格とは何かを考え、人格形成の要因
       とそれがどのように作用するか、主な
       ものをとりあげて説明せよ。」   
    「発達のとらえ方を簡潔にまとめ、発達
      の原理について説明せよ。」
    「学級集団の特性、および集団過程につ
       いて説明せよ。」
    「学力評価の問題点についてまとめよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「人格とは何かを考え、人格形成の要因
       とそれがどのように作用するか、主な
       ものをとりあげて説明せよ。」         
     教育目標の一つに、「個性を尊重する」というものがある。これまでの日本の教育においては集団の輪の中へ調和していくことが美徳とされていた事を考えると大きな変化といえるだろう。また個性を尊重するということは、子どもひとりひとりの人格を認めるということであり、子どもの姿を丁寧にとらえて、その子の持つ特性をいかすという方向に持っていく為にも、いま一度「人格」について考察をしてみたい。
     まず、人格とは具体的にはどう定義されるのかということであるが、ここに挙げる心理学的な人格、いわゆるパ-ソナリティというものは客観的に同一の状況下におかれても、人間の行動は様々であり、人によって異なる。したがって、だれにも当てはまる普遍的な行動の予測はできないものなのである。しかし、どれだけ状況の変化や時間の経過があったとしても、その人のもつ独特の雰囲気や気質というものは常に一定の行動傾向にあらわされるものである。これが人格のあらわれであるといえるだろう。
     人格形成の要因につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。