体育概論Ⅰリポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数100
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。』
     我が国の体育教育は、明治政府によって学制が公布された1872年に始まる。体育教育のもととなる当時の「体操」は、洋書が指導書にあてられるが、西洋生まれの「体操」は我が国の教育現場にすぐには定着しなかった。その後、「体操」は時代の流れと共に必須科目から随意科目に変更されたり、軍国主義思想により兵式体操が重視されるなど、時代とともに様々な変遷を遂げた。
    大戦終結後、教育基本法が制定され、「体育科」に改称された。当初は占領軍の影響を強く受けたものであったが、1953年の改定では、我が国における体育の在り方を踏まえた、自主的で特色のあるものになった。
    しかし、子どもたちの体力・運動能力の低下がいわれるようになる。この主な要因として、子どもたちの日常的な遊びの中に、身体活動を伴う遊びの種類が大きく減少していることがある。また、そのような遊びに費やす時間も減少の傾向にあり、子どもたちの身体活動は質・量ともに急減している。
     そこで1968年の改定では「体育」を重視するようになった。具体的には、学校教育全体で体育の学習指導を展開する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。