生活科教育法リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数232
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「気付き」の階層と「気付き」の質が高まる過程について、テキストに示された実践例にふれて述べなさい。』
    Ⅰ.生活科における「気付き」
     生活科では、①自然に関する気付き、②身近な人や社会に関する気付き、③自分自身に関する気付き、という3つの「気付き」が重視されている。この三つが相互に結びついた「気付き」が小学校低学年では求められる。
     「気付き」とは、「子どもの内側に生じる認識あるいはその萌芽」ということである。多様なことに気付くためには、活動や体験が必要である。この活動とは、具体的な行為のことであり、特定の活動は、感情、考え、思いといった特定の反応を個人の心に生じさせ、そして体験とは、このような特定の行為及び反応のことである。
    しかし、体験には必ずしも学びが伴われるわけではない。ここで大切なことは、同じ体験を繰り返すことによって「わかる」ということや、不思議に思う気持ちが「なぜ?」という問いを生み出し、その理由を追求し、考え方が身につくことで、経験となるのが求められる。これが「活動・体験の経験化」である。
     子ども達が「活動・体験の経験化」を感じるために、教師は子どもたちの「気付き」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。