教育方法学 2リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数182
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。』
    学習者とそれを取り巻く環境は、ますます多様化している。わが国の教育は、小学校から大学にいたるまで大きな変革の時期を迎えている。一方では児童生徒の実態が多様化し、様々な学力、性格、学習意欲をもつ子どもたちを教室に迎えている。もう一方では施設設備が学校や教室によって多様化しており、そのような環境で授業を展開しなければならない。従来の教育では全く予想もできなかったコンピュータやインターネットなどのような情報通信技術が導入され、絶えず変動している社会情勢や非日常的な体験ができるようになり、教科書に書かれていることを教えれば十分であるという時代は過ぎ去った。このような変化の中で、これまでのように○○学習という特定の教育理論に基づいて授業を展開すればよいというものでなく、また××方式と呼ばれる特定の技術によって開発された学習方式を実施すれば問題が解決するというものでもない。このような環境の中に生活している子どもの実態に対応して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。