教育相談の研究リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     カウンセリングとは、人が抱える問題・悩み等に対し、専門的な知識や技術を用いて心的構造のアンバランスを修正する相談援助のことである。広義のカウンセリングは、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導するということであり、専門的な知識がなくてもその人に素質があり、人生経験が豊富であれば誰にでも出来ると考えられた。これに対し、近代に入り社会の構造が複雑化するに従い、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化し、非社会的行動や反社会的行動、あるいは神経症による悩みに対する狭義のカウンセリングがある。
    また、カウンセリングには大きく分けて、治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの二種類がある。治療的カウンセリングは、クライエントに対してカウンセラーは専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療するものである。発達援助的カウンセリングは、治療が目的ではなく、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるように援助することを目的とするである。学校カウンセリングといえば、多くの場合がこの発達援助的カウンセリング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。