教育心理学 2リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』
    個人と環境との相互作用において、両者の間に何らかの一致ないしは調和の状態がある場合を「適応」という。人間は、いろいろな欲求を充足させようとして、目標を定めたり、課題を処理したり、学習や訓練を受けたり、さらには、時には環境そのものを変化させようと試みるなどして、自らの行動を調整する。
    一方で、社会の秩序や規範に対して、自己のパーソナリティやその他の個体的条件を、適合的に調和・調整させていくことが、何らかの理由でできなくなった時に生ずる状態が「不適応」である。
     「適応」のバロメーターとして、「欲求不満耐性」が挙げられる。自分の内にも外にも存在する、欠乏・喪失・葛藤の3つの状況によって、人には「欲求不満」の状況が生じる。「欲求不満耐性」は、人が欲求達成の方向で努力していく過程での、「欲求不満」に耐えていく力を指している。これは性格や知的能力などに関係してくるが、幼児期からの人格形成過程の中で培われていくものである。人はそれぞれ、その遺伝的・体質的な面や、生育史、社会環境などが異なっているので、獲得される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。