教育社会学 2リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。』
     今日、学力低下に関する議論が盛んに行われているが、現実に展開されている論争をみると、一般に思われているよりも、はるかに深いレベルの議論が展開されている。つまり、学力とは何か、学校とは何か、公教育とは何か、といった根本的な問題を通じて、これからの時代の社会システムの在り方をめぐって論争が展開されているのである。
     いうまでもなく、「低下」というのはマイナス・イメージの語であり、学力向上の方が基本的には望ましいのであろう。しかし、世界の先進諸国が1970年代から1980年代にかけて経験した深刻な学力低下と、それと関連する当該国家の国際的地位の低下への真摯な反省に基づき、学力向上を目指す様々な取り組みを続けているとき、また発展途上国が教育の普及、学力の向上のために乏しい教育資源を最大限有効に生かすべく四苦八苦しているなかで、日本では文部科学省の学力テストの実施による学力向上を目指す動向を「学力コンクールの蔓延=受験競争の激化」と短絡的に結びつけていた。また、学力向上を懸..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。