商品学分冊2(現代商品の品質構造を考える)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,061
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信商品学

    代表キーワード

    日本大学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代商品の品質構造を考える-自動車について-
    昨年の東日本大震災の影響やタイの洪水の影響などがあり、2011年度の日本の自動車生産台数、輸出台数ともに大きく減少した。自動車産業は、日本の基幹産業として重要な業界であることは疑う余地はないが、その将来を考えた場合、不安定要因も多い。不安定要因として、外的要因として最近の韓国メーカーの躍進やインドなどの新興国の追い上げもあり、更に内的要因として若者世代の車離れも顕著な状況である。現在、新車グリーン税制・エコカー減税や新エコカー補助金の制度が新車販売の後押しをしているが、これらは期間限定の時限的措置であり、今後、どのように日本の自動車業界がどのように、日本市場の活性化や世界におけるイニシアチィブをとっていけるかは重要な課題となっている。そういった中で、商品の品質構造を考えることは、今後、競争が激化する自動車業界について大切なことだと考える。ここでいう品質とは、消費者が商品によって満足を得る質的な評価をいう。
    自動車を購入する理由は、まず第一に自動車により目的地へ移動したり、荷物を運搬したりするといった目的にある。次に、自動車に求められるのは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。