日大通信 民法II MB(試験レポート)

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数277
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご利用は自己責任でお願い致します。
    成績Aでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法II MB 試験問題
    【設問】
    Aは、Bから5000万円を借り受け、その担保としてAの所有する甲土地および乙建物に抵当権を設定して、その旨の登記をした。甲土地の庭には、抵当権設定前から、非常に高価な観賞用の庭石が置かれていた。抵当権設定登記後、A宅を訪問したCは、庭石を見たところ、それを気に入ったことから、Aに庭石を譲ってくれるように頼んだところ、Aがこの申し出を了承したので、AC間において庭石の売買契約が締結され、後日、A立会いのもと、Cみずからが庭石をトラックに積んで搬出し、自宅の庭に置いた。この事案について、AB間の法律関係と、BC間の法律関係について論じなさい。
    ※ 抵当権侵害に起因する不法行為に基づく損害賠償請求権と、抵当権侵害に基づく物権的請求権は、各々その発生要件を異にするので注意をすること。その差異が生じる理由について、きちんと触れること。
    【回答】
    この事案は、AC間における甲土地上に存在する庭石の売買契約に基づき、AがCに当該庭石を譲渡したことによって、当該売買契約の締結前に予めAB間で締結された抵当権設定契約に基づき、甲土地および乙建物に設定されたBの抵当権を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。