S0104教育方法学(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数80
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評点
    所見:機会格差等の問題解決に効果的であると考えた根拠を明確にするとなおよいでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどうあるべきか。』
     学校の教師には、単に児童・生徒の発達過程についての心理学の知識や、教科・教材についての専門的な力量、また学校の運営にかかわる管理の資質だけでなく、これからの社会のあり方、人間の生き方についてしっかりとした洞察力を持つことが求められる。そうした社会認識・人間認識への広がりを含めて、これからの教職教養を組立て直す必要がある。また、変化する社会において教師は学習し続けることが求められ、常に自分の教育的価値観を強固に、そして柔軟に見直していくことが重要である。そうすることによって、さまざまな変化に対応して柔軟な授業が実践されるのである。子どもに「生きる力」を育む教育を施すためには教師の「確かな指導力」が不可欠なのである。そのためには、日頃から教育・学校・子どもに関する出来事をできるだけ正確に、できるだけ多角的な観点から見つめて、「社会はどうあるべきか」「人間はどう生きていくべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。