特別支援学校における教育課程の編成と教育目標について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数346
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『特別支援学校における教育課程の編成と教育目標について述べよ。』
     教育課程とは、教育内容について定められるものである。学校教育において、幼児、児童、生徒、学生などの学習者によって学ばれることの体系であり、一般的には教育課程に定められた条件を満たすことによって、修了や卒業などが認定されている。また、教育課程は、教科・科目の目標や内容などを定めた教科課程・学科課程などと、教科・科目以外のさまざまな活動からなる教科外活動などの2つの部門から成り立っている。日本の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校における教育課程は、文部科学大臣が「教育課程の基準」として公示する教育要領・学習指導要領に基づいて定められている。各学校の教育課程を定める際には、学校の設置者が文部科学省その他の官公署が作成した「解説」や「手引」を参考にして大綱を定めて、各学校がさらに年間計画などの詳細を定めている。
    しかし、特別支援学校や通常の学校の特別支援学級における教育課程は少し違う性質をもっている。教育課程は、「教育要領・学習指導要領に基づいて定められている」としながらも、特別支援学校や特別支援学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。