学校教育職入門 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数121
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。
     教員に求められる資質には大きく分けて3つがある。1つ目は、いつの時代も教員に求められる資質能力である。2つ目は、今後特に教員に求められる具体的資質能力である。3つ目が得意分野や豊かな個性である。
     教員に求められる資質について3つあげたが、それぞれもう少し詳しく説明していきたい。
     いつの時代も教員に求められる資質能力については、教育職員養成審議会が答申した「教員の資質能力の向上方策等について」を読むと、よくわかる。教育職員養成審議会答申によると、教職は、人間の心身の発達にかかわるもので、幼児・児童・生徒の人格形成に大きな影響を与える、とある。
     小学校時代を考えてみよう。児童にとっては、生活するうえで多くの時間を過ごす学校である。教師の与える影響はとても大きい。教師の一言一言が児童に与える影響も必然的に大きくなってくる。教師が悪い言葉を多用すれば、人格形成の上で悪い影響を与えることとなる。もちろん、小学校以外の中学校や高等学校でも教師の生徒に与える影響には程度の差はあるが同じようなことが言える。
     幼児・児童・生徒の人格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。