学校カウンセリングの意義,方法および今後の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数623
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 学校カウンセリングの意義
    今や学校カウンセリングは全国の学校に着実に定着しつつある。急激な社会の変化に伴い,学校教育の困難の度合いが年ごとに拡大する時代の中で,学校カウンセリングへの関心と期待が一段と高まっている感が強い。カウンセリングの導入によって,現在学校が抱えている諸々の問題が解決するとは考えないが,学校カウンセリングの活用は,これからの学校教育の進展を左右する大きな教育課題であるといえる。
     では,何故学校現場においてカウンセリングが必要なのだろうか。
    現在,学校では,いじめ,不登校,非行,学級崩壊などのさまざまな教育的問題が数多く起こっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義,方法および今後の課題について
    1 学校カウンセリングの意義
    今や学校カウンセリングは全国の学校に着実に定着しつつある。急激な社会の変化に伴い,学校教育の困難の度合いが年ごとに拡大する時代の中で,学校カウンセリングへの関心と期待が一段と高まっている感が強い。カウンセリングの導入によって,現在学校が抱えている諸々の問題が解決するとは考えないが,学校カウンセリングの活用は,これからの学校教育の進展を左右する大きな教育課題であるといえる。
     では,何故学校現場においてカウンセリングが必要なのだろうか。
    現在,学校では,いじめ,不登校,非行,学級崩壊などのさまざまな教育的問題が数多く起こっている。そういった問題行動を引き起こす子どもは,心や家庭になんらかの問題を抱えている場合がほとんどである。そういった悩みをカウンセリングによって解決することで,社会問題となってしまった教育問題を縮小していくことが学校カウンセリングの一番の意義である。
    2 カウンセリングの方法
    カウンセリングは大きく分けて二種類ある。一つは治療的カウンセリングであり,もう一つは発達援助的カウンセリングで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。