特殊講義2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数222
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特殊講義2(福祉と女性) 2011年 第3課題 中央大学通信教育
     生物学的な性(男か女)によって果たすべき役割が異なる(賃労働か家事)という考え方は、一般的に性別役割分担とよばれている。もちろん男女で従事すべき仕事が異なるとする考え方自体は、時代や地域を問わず広く見られるものといえる。ただし現代の性別役割分担は、近代化の過程で職場と家庭の分離が一般化したことと切り離しては考えられないので、この職住分離の過程で男性が賃労働に従事し、女性が家庭を維持するためのさまざまな無償労働を担うという現代の性別役割分担が確立していった。
     その背景には、戦後の日本社会は、この性別役割分担を前提とした社会シス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。