政治学 第2課題 選挙制度について、小選挙区制と比例代表制の特徴と功罪について説明し、日本の衆議院選挙における小選挙区比例代表並立制についても説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,215
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    選挙制度が政治全体に与える影響は非常に大きく、民主体制をさまざまな形態にかえてしまう力を持っている。よって、その国の政治全体を考察する場合は、その国が採用している選挙制度がどのように政治全体に連関しているのかを考えなければならない。また、選挙制度は多種多様であり、たとえ細かい違いでもその国の政治状況に対して大きな違いをもたらす。そこで、選挙制度について考察し、政治全般にどのような作用を及ぼすのか主な点をあげ、あわせて日本の制度も考察してみたい。
    選挙制度は、国や地域によって多種多様であり、国の数だけ選挙制度があるといっても過言ではない。これらを分類する基準としては、選挙区の構造、議席決定方法、投票方法の三つが考えられ、この基準から小選挙区制(多数代表制)、比例代表性、その混合型の三つに大きくグループ分けできる。比例代表制では、得票数に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    選挙制度が政治全体に与える影響は非常に大きく、民主体制をさまざまな形態にかえてしまう力を持っている。よって、その国の政治全体を考察する場合は、その国が採用している選挙制度がどのように政治全体に連関しているのかを考えなければならない。また、選挙制度は多種多様であり、たとえ細かい違いでもその国の政治状況に対して大きな違いをもたらす。そこで、選挙制度について考察し、政治全般にどのような作用を及ぼすのか主な点をあげ、あわせて日本の制度も考察してみたい。
    選挙制度は、国や地域によって多種多様であり、国の数だけ選挙制度があるといっても過言ではない。これらを分類する基準としては、選挙区の構造、議席決定方法、投票方法の三つが考えられ、この基準から小選挙区制(多数代表制)、比例代表性、その混合型の三つに大きくグループ分けできる。比例代表制では、得票数に比例して議席が得られるため、民意に比例した公正な代表制が実現できる。一方、小選挙区制では最大得票数を議席に結びつけるため、多数決の原理を重視するというそれぞれ異なる民主主義の発想にたっている。その異なる選挙制度が政治全体にどのような違いをもたらすかをみてみ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。