福祉情報論 「在宅ケアにおける情報化の現状と課題」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数819
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉情報論の課題レポートで、在宅ケアにおける情報化の現状と課題についてまとめました。1200~1600字。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:福祉情報論
    設題名:在宅ケアにおける情報化の現状と課題
    在宅ケアのサービス内容は、訪問看護・訪問介護(ホームヘルパー)・訪問入浴介護・訪問リハビリテーション・通所リハビリテーション等の在宅で受けることのできるサービスと、通所介護(デイサービス)・通所リハビリテーション等の施設に出向いて受けることのできるサービスの他、福祉用具の貸与や住宅回収等のサービスもあり、多岐にわたっており、サービスを提供する事業所も複数存在している。
    このように様々なサービスを選択し、利用できる在宅ケアは、1人の利用者に対し、複数のサービス提供者が関わるというのが特徴である。そのため、サービスを提供する各事業所が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。