佛教大学 教育社会学1 設題1(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数188
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
     学歴社会とは、単に教育を重視する社会という意味ではない。現在、先進国や発展途上国を問わず、教育の充実は世界的に最重要課題の一つに挙げられている。その中で学歴は社会的・職業的地位等の配分基準の一つとして考えられるが、学歴社会なるものは、特に学歴に重きがおかれていることを意味していると考えられる。
    本来、教育とは学校での公教育のみを指すのではなく、家庭や地域社会、職場や企業のおける学習や研修全てを包括して言うものである。しかし現代社会では公教育が肥大化し、学業もスポーツも躾も何もかも取り込むものとされ、その役割が大きくなりすぎている。その上で学歴社会の進行がある。
    かつて封建的身分制度を廃し、幅広い分野で相当数のリーダーを必要とした時代は、学歴によって社会的・職業的地位がほぼ決まることに意味があった。人の実力や能力を的確に測定するのは、非常に難しい。
    アメリカ合衆国等では学歴よりも職歴を重視することで知られている。しかし日本では、これまで特定の企業あるいは官公庁において、スペシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。