佛教大学 学校教育課程論 設題1(B判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数98
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
     教育課程とは教育活動のプラン、プログラムであり、実践を導く仮説である。であるからその有効性は常に検証され、点検・評価されなければならない。
    一九四五年、第二次世界大戦の終戦により我が国の文部省は、民主主義定着の必要性を自覚し、戦前からの教育課程改革に着手した。まず戦意高揚に関する記述や修身科を廃し、新たに公民科を設置、画一的教育から生徒の自発性を重視した教育への転換を念頭に置いたのである。さらに社会科、家庭科も新設され、昭和二十二年最初の学習指導要領試案が制定された。この指導要領もあくまで手引きであり、教育者は自由に考えて重点を見いだし、方法を自ら工夫するよう期待された。試案は数年で全面改訂され、小学校の教科は「主として学習の技能を発達させるに必要な教科」(国語・算数)、「主として社会や自然についての問題解決の経験を発展させる教科」(社会・理科)、「主として創造的要素を発達させる教科」(音楽・図画工作・家庭)、「主として健康の保持増進を助ける教科」(体育)という大まかな四領域へ再編された。また教科以外..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。