佛教大学 日本語学概論 設題2(B判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数665
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「美しい」と「きれいだ」について、意味の類似点と相違点を述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「美しい」と「きれいだ」について、意味の類似点と相違点を述べよ。
     まず「美しい」と「きれいだ」について、その意味を挙げる。二つの言葉の類似点と相違点を整理し、用例をもとにそれぞれの語義の要素を考察する。
    ■美しい(形容詞)
    ①形、色、音など、聴覚や視覚の対象となるものが整っていて感じがよく、心が楽しくなったり感動したりする様子。「美しい音色」「美しい文章」など。
    ②人の行為や態度、あるいはある事柄の内容が好ましい感じである。「美しい行い」「美しい兄弟愛」など。
    ③いとしい。かわいい。特に幼少の者、小さい者に対して、その様子がいかにも愛らしい。可憐である。「それを見れば三寸ばかりなる人いとうつくしうてゐたり」(『竹取物語』)など。
    ④きちんとしている。さっぱりしている。「その日のふみ、うつくしう作り給て進士になり給ひぬ」(『源氏物語』)など。※上代は主に肉親に対する愛情を表し、中古以降、情意性と状態性を兼ね、特に小さい物に寄せる愛、小さい物の美に対する愛を表し「愛らしく美しい」の意に多く使われた。
    (『国語大辞典言泉』小学館、林大編、1986年より)
    ➀形・色・声などが人に快い思いをさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。