佛教大学 教科教育法国語1 設題1(B判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数321
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキストの第一章「中学国語の目標と内容」を充分研究したのち、中学校の国語科教育における3領域1事項について、その要点となるところを記しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第一章「中学国語の目標と内容」を充分研究したのち、中学校の国語科教育における3領域1事項について、その要点となるところを記しなさい。
     中学校国語科は、その基本方針としておよそ「言語教育の立場を重視し、国語への関心を高めて尊重する態度を育て、豊かな言語感覚を養い、他人を尊重しつつ言葉で伝える能力を育成する」と、教育課程審議会の答申を受けて定められている。特に重視すべきものとして、「自分の考えを持ち、論理的に意見を述べる能力、目的に応じて的確に読み取る能力や読書に親しむ態度を育てることを重視する」とある。
    このことを踏まえ、「話すこと・聞くこと」、「書くこと」、「読むこと」及び「言語事項」の3領域1事項から構成される。「話すこと」と「聞くこと」が一つにまとめられたのは、生徒の主体的な言語活動を活発にし、言語教育としての国語科の目標を確実かつ豊かに実現するため、言葉で伝え合う力の育成に重点を置くためである。「伝え合う力」とは、人間と人間の関係の中で、互いの立場や考えを尊重しながら、言語を通じて適切に表現したり理解したりする力のことである。この3領域1事項について、その要点は以下の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。