保健医療_設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数673
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ。Aでした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ。」
    1.はじめに
     医療は長い間、伝統的なパターナリズムに基づいて営まれてきた。そのため、医療者側には「医療者にまかせておけば必要な医療を享受できるのだ」という暗黙の前提があり、「患者の権利」という考え方は発想されてこなかった。しかし、このパターナリズムへの疑問が1960年代頃から欧米に於いて提起されるようになり、我が国においても、現在の改正医療法にみられるように、パターナリズムの医療から脱却し、国民・患者自らが健康の保持・増進に参加する新しい保健医療サービスを追求するものとなった。そして、医療提供施設完結型の閉鎖的なサービス体系を改め、患者の「居宅」も医療提供の場に加えることによって、地域完結型の開放的なサービス体系の構築が求められるようになった。
     ここでは、このように地域に展開される保健医療サービスの連携と、その中での社会福祉専門職の役割等について述べる。
    2.保健医療サービスとその構成要素
     保健医療サービスの構成要素として、以下のものが挙げられる。
    (1)医療関係職種
     保健医療サービ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。