発達心理学_設題2

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数271
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会環境と発達病理について述べよ。Aでした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会環境と発達病理について述べよ。」
    1.はじめに
     発達病理とは、ある年齢段階にいる者に対して、社会からの要求に応じる行動が常識の枠から逸脱しており、行動特性が社会現象として認識される場合のことをいう。いじめやニート、不登校などその病理現象は様々である。
    ここでは発達障害、特に自閉症に焦点をあて、社会環境、特に養育環境が病理に及ぼす影響について述べる。
    2.先天的要因と環境要因
    発達障害のうち、知的障害は遺伝的要因による脳の発達障害であると一般に理解されるが、その他の障害については、常に環境要因の関与が取り上げられ、養育環境、物質環境などについて罹患児の親が思い悩むことが少なくない。多くの例では、両親は罹患者ではないため、環境の関与が疑われる。中でも自閉症は特に社会性の発達障害を含むために、「育て方」について言及されることが多い。
    しかし、起因となる脳機能の障害は環境の調整によって、その状態への適切な働きかけにより、障害の改善・克服の効果はみられるが、環境の状態によって発症するものではない。一方、不適切な環境、不適切な対応によって症状が深刻化していく場合がある。
    かつてのように、「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。