社会調査法_設題1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数702
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。」
    1.はじめに
     社会調査とは、国、地方公共団体等が調査主体となって、諸課題の理解、対応策の立案などを目的として行う調査対象の実態把握についての試みを指す。合理的に可視化された手続きに基づいて、調査対象の実態を把握することにより、調査主体と調査対象の間の情報の非対称性の低減を可能にするものであり、社会福祉調査は、この社会調査の一環である。
     以下に社会福祉調査について述べる。
    2.社会福祉調査の性格と類型
    (1)社会福祉調査の性格
     社会福祉調査は、市町村において新しく生起した福祉サービスの課題や既存の福祉サービスの改善計画、また、人口の流入、流出、少子高齢化等の動向を予測して将来の福祉需要に対する施設、サービスの整備計画の政策を策定する場合、その効果的なサービスや対応策を計画し実施する場合、的確な現状把握が必要である。
     この現状把握を行う方法の一つが社会福祉調査である。なお、社会福祉調査は社会調査の応用であることから、次の三つの指向性をもっている。それは、①基礎資料的接近型(調査領域や課題に関する「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。