精神科リハビリテーション学_設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数406
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神科リハビリテーションの構成について述べよ。
    B+でした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーションの構成について述べよ。
    1. はじめに
     精神科リハビリテーションの構成要素は、①対象、②方法と技術、③展開の場、④目標が考えられる。リハビリテーションは、国際的には精神病対策の3大要素として「予防」「治療」「リハビリテーション」とされ、それぞれ独立した対等な関係が確立されている。
     ここでは、リハビリテーションの対象、具体的展開、専門職の役割の観点から考察する。
    2.精神化リハビリテーションの対象
    精神科リハビリテーションの対象は、精神障害と診断され、長期入院の果てに施設症となった人々、再発を繰り返し結果的に入退院を繰り返さざるを得ない人々、社会的役割が果たせずに保護的生活を継続している人々などである。言い換えれば、生活の場において長期にわたり複数の「生活の困難」や「生活のしづらさ」をもち、社会参加や活動に制限のある人々である。
    リハビリテーションの対象は単に病状や障害の重さだけでは計れないこともある。たとえ、症状が軽く既に回復しているとしても、治療の履歴だけで社会復権を目指す社会的リハビリテーションの必要性が生じることがあるからである。
    (1)対象者理解
    障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。