心理療法概説_設題1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数215
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    各種の心理療法の中から、3つの心理療法を取り上げて、それぞれについて論述せよ
    Aでした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「各種の心理療法の中から、3つの心理療法を取り上げて、それぞれについて論述せよ。」
    1.はじめに
    心理療法とは、行動的な不適応、情緒的不適応、精神的な病気に対する処置で、クライエントの心理的葛藤を解決したり、不安を除去したり、問題行動を軽減し、人格的な発達を援助する方法のことである。したがって、クライエントの症状のみに注目するのではなく、つねに人間全体との関連性を考慮にいれ、クライエントが自分の力で問題解決へと努力してゆくことを援助することといえる。
     心理療法が対象とするのは心理的な問題や心に起因する苦しみや悩みを持つ人である。
    今日、心理療法と呼ばれる立場や種類は多数存在し、その対象・理論・技法も様々である。
    フロイトの提唱したクライエントの心の内面を深く洞察する精神分析、ロジャーズによる悩みを聞き受容することで自己実現を果たすことを助ける来談者中心療法、ウォルピ、アイゼンクらによる不適応行動の修正を目標とする行動療法が代表的である。
    以下にそれぞれについて、考察する。
    2.精神分析的療法
     精神分析的療法は、不適応状態にある人、対人関係や生活態度に対する心理的な悩みを持つ人の心理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。