ソーシャルワークⅢ_設題2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数438
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明しなさい。
    Aでした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明しなさい。」
    1.はじめに
     ソーシャルワーカー(以下、ワーカー)には、クライエントと接する中で発生する困難、同僚や他の専門職との間で生じる葛藤や不安などを克服し、専門職としてより高いレベルの知識・技術・実践力等を身に付けることが期待される。そのような状況下にあって、ワーカーは、自分の専門職としての未熟さを感じたり、ストレスのない職場環境がほしいと感じたりする場合がある。ここでは、これらを克服するスーパービジョンについて述べる。
    2.スーパービジョンの目的
     ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する「過程」である。スーパービジョンの形態は、大きく以下の2種類に分かれる。
    (1)個人スーパービジョン
     スーパービジョンの最も基本的な形態であり、スーパーバイザーとスーパーバイジーが一対一の面接方式で行うものである。一つのケースを深く掘り下げやすく、自己覚知や自己実現に関するワーカー個人の問題を取り扱うときにも適している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。