高齢者福祉論 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数228
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について
    A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について
    1.在宅福祉サービスとは
     我が国の高齢化が世界最高の水準に達することが予想される中で、超高齢社会を安心して迎えられるよう、高齢者保健福祉施策を一層充実させることが重要な課題となっている。
    安心して生涯を過ごすことが出来る明るい活力に満ちた長寿福祉社会としていくためには、高齢者健康福祉の分野におけるサービスの総合的な整備充実を図っていくことが必要である。高齢者は、身体機能が低下しても可能な限り地域社会で家族や隣人と暮らしていくことを望んでいることから、高齢者の居宅生活を支援していくための在宅福祉サービスの充実が求められている。
     在宅福祉サービスとは、社会福祉の利用者を居宅において処遇するための各種のサービスを指す。我が国では、従来は施設の充実を重点としたが、近年では、在宅の要援護高齢者を支援するための在宅福祉施策が急速に展開されている。
    2.在宅福祉サービスの体系
    在宅福祉サービスの体系は、要援護高齢者サービスと社会参加(活動)促進サービスに大別され、これらは、老人福祉法の中にその根拠がある。
    老人福祉法とは、高齢者を支援する法体系であり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。