福祉行財政と福祉計画 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,701
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉社会高齢者介護医療法律障害者地域行政

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    福祉計画と福祉行財政について述べよ
    Aのレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉計画と福祉行財政について述べよ
    1.福祉計画と福祉行財政
    社会福祉は制度である。
    社会福祉を具体的な制度や政策を指す施策概念として意味づけることは現実的である。
    人々が豊かな社会生活を暮らすためには、その社会を制度的に改善しながら、維持・向上させるために施策を具体化させることが必要である。つまり施策を具体化した制度を作成することである。福祉行政は、制度化された施策にたいして政府が計画的に予算を付け行政府として、国と地方自治体とが一体となって行うものである。
     人は、成長して自立し、社会の分業を担い、自らのことは自らで決定し、自己実現を図っていく存在である。しかし、社会を築く個々人の中には、援助が必要な乳幼児や児童、身体機能が低下して介護が必要な高齢者に「自立」といっても無理である。そのときに、深い絆と援助関係で結ばれた家族がある。家族は、福祉を実現する機能をもった存在である。また、家族に対して、隣近所や親戚が援助し合うこともある。そして、会社の福利厚生や労働組合、共同組合もそうした機能をもった存在である。地域福祉は、まさにこの共同体がもつ、福祉を実現する機能に着目した活動である。し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。